【無料トークセッション】子役オーディション合格の極意とは?!プロの映画監督たちが徹底的に語ります。

2021.11.12

こんにちは、演技スクールACT芸能進学校(通称A芸)です。突然ですが、

「子役のオーディションに中々受からない…」

「子役に関心があるけれど、目指してからデビューするまでどれくらい大変なのか分からない…」

「子供の演技力はどうやったら上がるのか分からない…」

そんな保護者の方はいませんか?

今回、演技スクールのACT芸能進学校は、無料オンラインイベント『子役オーディション合格の極意とは?!プロの映画監督たちが徹底的に語ります。を開催いたします!!


このイベントで得られること!

  • 子役オーディションに受かる極意
  • オーディションでは子役の何を見ているのか
  • 全然結果が出ないけど、なにをすればいいのか
  • 実際に子役を目指してからデビューするまでどんなことがあるのか

など。

質疑応答のお時間もございます。お気軽にお尋ねください。

■イベント概要

■開催日時
11月27日(土)16:00〜

■定員
30名程度(先着順とさせていただきます。ご了承ください)

■応募対象
幼稚園年長〜中学2年生までのお子様がいる保護者の方

■内容
トークセッション・インタビュー
②質疑応答

■参加費
無料

■参加形式
オンライン(ビデオ会議ツール「Zoom」)で行います。
お申し込みいただいた方には、前日までに参加URLをお送りいたします。
Zoomアプリをお持ちでない方は、事前に下記のページよりダウンロードをお願いいたします。

【PC用 ※ミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください】
https://zoom.us/download#client_4meeting

【Android】
https://play.google.com/store/apps/details?id=us.zoom.videomeetings&hl=ja&gl=US

【iOS】
https://apps.apple.com/jp/app/zoom-cloud-meetings/id546505307

■ゲスト①
かげやましゅう監督

かげやましゅう

1971年生まれ。東京都出身。
1998年 庵野秀明総監督作品『GAMERA1999』の撮影を担当。
2002年『ナッツ』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門で審査員特別賞を受賞。トロント国際映画祭にも正式招待される。
2003年『モロヘイヤWAR』で劇場デビュー。
2008年新日本映画ユニット「ポーラーサークル」を結成し、プロデューサーとしての活動も開始。
現在、長編映画を制作中。

■ゲスト②
小林でび監督

小林でび

インディーズ映画監督。
コメディ映画を数多く脚本・監督、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、ロッテルダム映画祭など、国内外の映画祭で上映。
監督作DVDが3タイトル『ムーの男』『泥棒日記』『おばけのマリコローズ』発売&レンタル中。

映画の演技史の研究家としてネット上で、映画の演技の進化の歴史を検証するブログ「でびノート☆彡」を展開。演技論に関する著作も執筆中。

小林監督「私自身が映画監督をしながら出演する俳優でもあるので、普段の演技ワークショップでは、演出家の視点と俳優の視点を行ったり来たりするスタイルです。
撮影の現場での込み入った状況を分かりやすく解説しながら、俳優一人一人のキャラを生かした演技を指導しています」

■参加方法

こちらからお申込みください。

申し込みをされた方にはイベント開催の前日までにZoomのURLをお送りいたします。当日はそちらからイベントにご参加ください。

Scroll to Top