犬童監督ショートフィルムで対面レッスン を行いました!

2022.08.22

犬童一利監督による短編映画制作プロジェクトのレポート第二弾です!
A芸が対面レッスンで使っている会場で、初めて出演メンバーが対面しました!
皆さん、2ヶ月近くオンライン上で交流を深めてきたおかげか、初めて会うとは思えないほど打ち解けた様子です。

dog2

レッスン前には、女子組が集まって記念撮影をする場面も…!
残念ながら空さんは会場には来られなかったのですが、Zoomを繋いでオンラインで参加してくれました。

プロジェクトのコンセプトは、「みんなのキャラクターを活かすこと」だと監督は話します。  
 無理に演じるのではなく「一人一人の良さや関係性を素直に表現したい」とのことで、それぞれのキャラクターを活かした配役が発表となりました。
 今回のレッスンでは、物語の大枠も決まっている中で、各自の役柄について考え、監督やメンバーお互いに話し合う機会となりました。
 犬童監督は、これまでのレッスンを通して、空さんが動物を大切にしていることやみんなの「推し」の話などから、インスピレーションを得たそうです。
 初めから台本が決まっている一般的な映画制作とは異なり、今回のプロジェクトでは丁寧
に個人に向き合って制作を進めています。

今回の対面レッスンで、参加メンバーたちの関係性も深まり、全体構想も少しづつはっきり
してきました。
 みなさんが一体どんな役を演じていくのか楽しみです!
 レッスン終了後、愛理さんと実礼さんに意気込みと感想を教えてもらいました!
それぞれ真剣に考えながらレッスンに臨んでいますね。

初めから台本が決まっている一般的な映画制作とは異なり、今回のプロジェクトでは丁寧
に個人に向き合って制作を進めています。

■出演者コメント

▼愛理さん
対面レッスンは初めてだったので、ドキドキしていましたが、オンラインで知り合えた仲間とたくさ
ん話せたのでとても楽しく実りある時間でした。画面では伝わりにくい体を使ったジェスチャー
ゲームは、どう動けばよく伝わるか、考えるきっかけにもなりました。このプロジェクトでしっかり学
んで自分の魅力をもっと見つけて主役を張れるような役者になりたいです!

▼実礼さん
今まで映像系の現場では、殆どがオーディションの次が本番でした。今回の作品はレッスンから
犬童監督や出演者の皆んなとコミュニケーションを取ることから始まり、自分の役について真剣
に向き合い、考えることをしています。皆んなにとっても、私にとっても大切な作品になるように頑
張りたいです
撮影に向けて、オンラインと対面でのレッスンを通じて、コミュニケーションをさらに深めていきま
す。
作品の完成まで引き続き、レポートしていきます!
ぜひ応援 & ご注目よろしくお願いします!

Scroll to Top