『超能力がほしい』が、第2回 難病克服支援MBT映画祭にて、佳作に選ばれました!

2022.12.27


A芸製作短編オムニバス映画の一作品、『超能力がほしい』が第2回 難病克服支援MBT映画祭にて佳作に選ばれました!

『超能力がほしい』は、いじめとホンネに寄り添う物語として、A芸講師でもある菱沼康介監督のもと完成した作品です。

MBT映画祭は奈良県立医科大学と一般社団法人MBTコンソーシアムが主催する、難病に立ち向かう人々をいのちがテーマの映画祭で勇気づけることを目的とした映画祭です。

第2回となる今回は「みんなで守るいのち」をテーマとして、短編映画が募集されました。

▼詳細はこちら
https://mbt-filmfes.com/news/#post4313

MBT映画祭は2023年1月14日(土)12時より有楽町マリオン11F 有楽町朝日ホールで開催されます。
表彰式では、『超能力がほしい』を含むエントリー作品が、ダイジェスト版で紹介される予定です。

▼有楽町朝日ホールアクセス
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F

▼『超能力がほしい』予告映像

作品タイトル:『超能力がほしい』

監督:菱沼康介
出演:なゆた 青木南乃 北林 茉子 藤野 優光 福永 煌 鹿野 瑠南 矢部 俐帆 岡本陽人 山本 しずく 山本 いずみ 佐伯日菜子

<あらすじ>
小5のユヅキは、親友のニチカに「わたしも超能力がほしい」と話す。するとニチカは「わたし、超能力あるよ」と返した。そのやりとりは、ユヅキの弟、級友のミズエ、ユウキらを巻き込んで、思わぬ波紋を巻き起こす。はたしてユヅキが超能力を欲しがった理由とは?

Scroll to Top