20カ国以上の国際映画祭に作品が選出されている小谷忠典監督新作短編映画、子役大募集!

2021.07.07

これまでに20カ国以上の国際映画祭に作品が選出されている小谷忠典監督の、新作短編映画オーディションをACT芸能進学校で行うことになりました。

オーディションはオンラインで実施いたします。
完成後は国内外の映画祭に出品し、その後劇場・配信等の公開を目指します。

■監督プロフィール:小谷忠典監督

1977年生まれ。大阪市出身。ビジュアルアーツ専門学校・大阪に入学し、映画製作を学ぶ。『いいこ。』が 第28回ぴあフィルムフェスティバルにて上映。初の全 国劇場公開作品『LINE』から、フィクションやドキュメンタリーの境界にとらわれない意欲的な作品を製作 している。マルセイユ、トリノ、ドバイ、プサン、ブエノスアイレスなど、これまで20カ国以上の国際映画祭に作品が選出。主な作品に『ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ』、『フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように』などがある。武蔵野大学客員教授として後進の育成に努める。

■作品あらすじ

「小学5年生のフミナは、男と蒸発した母から虐待を受けていた。にもかかわらず母を想いつづけるフミナ。父、アキオは「残されたスカート」を履いて毎晩フミナを寝かしつけた。その不思議な行為によってフミナの心の傷がしだいに癒えてゆく…」

■募集要項

【オーディション日】
7月17日(土) 13時〜16時
7月18日(日)  9時〜12時

【撮影日】
8月17日(火)朝〜夕方頃
予備日 8月24日(火)同上

【撮影場所】
都内

【募集キャスト】
フミナ役 10歳に見える女の子

■応募・選考の流れ

書類審査の後、Zoomを使ったオンラインオーディションにて決定いたします。
 
【応募手順】

①LINE友達追加ボタンより、友達追加
友だち追加

②「オーディション応募ボタン」をタップ(下記の図参照)
※申し込み〆切 7月11日(日)19:00

③LINEにて結果受け取り

④書類選考合格者はオンラインオーディションに参加

※PC、タブレット、スマホのいずれかのデバイスをご用意ください。
※Zoom使用方法については、オーディションが進行していくなかで随時ご案内・サポートいたしますので、ご安心ください。

■結果について

後日LINEを通じてお知らせします。

皆様のご応募、お待ちしております!

Scroll to Top