【ホラー】嘘くさくない、リアルな驚き方とは?観客に恐怖を伝えるための演技ワークショップ

2021.10.15

「驚く演技がどうしても嘘くさくなってしまう…」

「ホラー作品に出演してみたい」

「驚く演技の時、どこに気を付けて良いかいまいち分からない…」

そう思われているはいませんか?

今回、演技スクールACT芸能進学校が、そんな方向けに、ホラーに特化した演技ワークショップを、対面、オンラインの両方で行います!

■イベント概要

▼テーマ
「嘘くさくない、リアルな驚き方とは?観客に恐怖を伝えるための演技ワークショップ」ホラー作品に出演した際に使える、「リアルな驚き方」を、台本を使った実践を通して習得します。

▼内容

①講義(前半)
「自分は何に恐怖しているのか」。これを本当の意味で理解するためにまず、ホラー作品の歴史とジャンルを学びます。

②実践(後半)
講義を内容を元に、台本を使った演技の実践を行います。

↓使用台本抜粋↓

夜のオフィス。
あなた一人が残業している。
真剣な表情でパソコンに向き合うあなた。
パソコン画面にうっすら人の顔が映し出される。
あなた「…?」
画面に映るのは自分の顔であった。
あなた、手元のコーヒーを飲む。
栞「冷たい…」
あなた、ふと窓を見る。
外は暗闇。
時計の針は午後11時を回っている。
窓に映る自分の姿。
よく見るとその姿は自分ではない。
それは長い髪の女…。
あなた「!」

▼講師
寺内康太郎(てらうちこうたろう)さん

映画監督・脚本家 1975年5月18日生まれ。大阪府出身。

【略歴】
大阪芸術大学映像学科映画コース卒業。
2004年、伝説のホラー漫画家『日野日出志』原作の映画、『わたしの赤ちゃん』(監督;中村義洋)で脚本家デビュー。心霊ホラー作品を数多く演出し、現在も第一線で活躍中。

【主なホラー作品歴】
○劇場公開長編作品
『日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場「わたしの赤ちゃん」』(監督:中村義洋)、『口裂け女2』、『華鬼』シリーズ

○オリジナルビデオ作品『怪奇!アンビリーバブル 実録!祟られた写真』、『ほんとうにあった怖い話』シリーズ、『幽霊より怖い話』、シリーズ『心霊写真奇譚』、『すべらない怖い話』、『エクソシスト祓魔師』、『ミテハイケナイ都市伝説~闇に葬られた人間失格者達~』

○心霊ドキュメンタリー作品
『ほんとにあった!こっくりさんの呪い~実録・狐狗狸』、『実録!呪われた都市伝説』シリーズ、『立入禁止●REC』、『本当に映った!監死カメラ』シリーズ、『呪い面』、『妖怪カメラ』、『境界カメラ』、『心霊スパイラル』、『呪いの黙示録』

○テレビドラマ作品
『BSフジ開局15周年スペシャルドラマ 鈴木光司リアルホラー』、『心霊マスターテープ』シリーズ

■日程・場所・料金
日程に変更がございます(10月26日15:30最終更新)

▼対面ワークショップ

日程
10月31日(日)13:00〜15:00

金額
8,000円(税込)

場所
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目10番5号 TOHTAMビル 2階

▼オンラインワークショップ

日程
10月31日(日)15:30〜17:00

金額
6,000円(税込)

■講師からメッセージ

「ホラー作品」で一般的にイメージされるのが「悲鳴・絶叫」ですが、 実は「Jホラー」って悲鳴をあげない事の方が圧倒的に多いです。

ホラー映画にとって演者は観客に、その世界で生きる恐怖を伝える鏡です。

ホラージャンルも様々で、怪奇映画・スプラッター映画・ゾンビ映画など、 恐怖する対象によって表現が違うという事を理屈で知るだけでも、面白いと思います。

ご参加、お待ちしております。

Scroll to Top