発表会〜制作の裏側〜

2021.10.19

A芸の発表会で上映する作品はどう作られているの?
制作の裏側をお見せいたします!

①脚本打ち合わせ〜台本の決定

現役映画監督であるA芸講師とスタッフで脚本の内容打ち合わせをし、脚本内容を決めていきます。
台本はすべて現役映画監督であるA芸講師によるオリジナル!!
監督が担当クラスの生徒に合わせて台本を書いてくださいます。

台本が完成すると、レッスンや動画の課題等で生徒たちのお芝居を見て、生徒一人ひとりに合った配役をします。

2021年秋発表会作品の脚本(6作品)

②撮影準備
A芸の発表会に向けて制作する作品は、すべてリモートでの撮影です。生徒たちはご家族に協力していただきながら、セリフの練習や、必要な小道具や衣装を準備します。

自宅で台本の練習をします。

③発表会に向けたレッスン開始

衣装や小道具、セリフを実際に演じながら監督や共演者と確認していきます。

④撮影開始

ついに映画撮影の開始です。

オンラインならではの撮影はかなり特殊!顔の向きや目線など監督から細かく指示を受けながら撮影が進みます。生徒のセリフが鮮明に聞こえるように、スマートフォン等で録音をしながら撮影をし、より完成度の高い映画を作っていきます。

⑤編集

監督やA芸編集チームの手によって、作品に音楽や効果音がついたり、映像が華やかになったりします。完成が楽しみですね!!

Scroll to Top